スイス現地予約ツアー 鉄道で行くぶらり旅絶景ユングフラウヨッホ

アルプスでゆっくり散歩する…アルプスの名峰と氷河の中を駆けるユングフラウ登山鉄道ならそんな願いも叶います。
普通なら登山家しか見ることのない山々の絶景を望む車窓。鉄道ファンは勿論、
旅慣れたバックパッカーをも満足させるディープな魅力なツアーは格安航空券で!

アルプスの名峰と氷河を満喫

絶景ユングフラウヨッホを楽しむポイント

世界遺産
ユングフラウヨッホ

ヨーロッパで最も標高の高い駅のユングフラウヨッホ。その高さは標高3500m近くありスカイツリー5本以上になります。氷河を含む、総面積824㎢の広大なエリアは「スイス・アルプス ユングフラウ =アレッチ」として、アルプス初のユネスコ世界自然遺産に認定されています。
登山家や観光客たちがそこを選ぶ理由はただひとつ、雲上の別世界を見るためです。私たち人間が生きている世界がどれだけ広大かを肌で感じたとき細胞が生まれ変わるような心地よさを味わえるのです。

ユングフラウ鉄道魅力

世界で最も有名な登山鉄道でその風景の一部はテレビなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。ユングフラウ鉄道は各駅で停車時間を設けているため、洞窟の中の展望台や、間近に迫るアイガー氷河を眺めるなど、高度が上がっていくのをじわじわと実感できます。

車窓いっぱいに氷河が迫る風景には、思わず目がくぎ付けになります。進行方向右側の席に座ると氷河を見逃しません。ちなみに、新車両にはアニメ『アルプスの少女ハイジ』の日本語アナウンスが流れます。ハイジに出会えたらラッキーですね。

ユングフラウヨッホ駅
トップ オブ ヨーロッパ!

ヨーロッパで最も高い場所に位置する駅です。南側に見えるアレッチ氷河は厚さ約900m、全長約22kmのアルプスの中でも最大の氷河。

北側を向けば、さっきまでいた下界が一望できます。カフェレストランがあるので、“ヨーロッパの頂上でティータイム”も出来ちゃいます。

ユングフラウヨッホ駅
豊富なアトラクション

ユングフラウヨッホ駅に隣接してつくられた複合施設「トップ・オブ・ヨーロッパ」。目の前に広がるアレッチ氷河を一望する「スフィンクス展望台」は必見。

また、地下20mへ下りて、氷河の中につくられた神秘的な氷の宮殿「アイスパレス」や、1年を通してずっと雪が楽しめるスノーパラダイス「プラトー展望台」など人気のアトラクションが集まっています。

日本~ベルンまでのアクセス方法

日本からベルン(ベルプ)空港へは直行便が運航されていない為、ヨーロッパの主要都市を経由する必要があります。航空券を見つけるには、経由もしくは乗り継ぎの航空券を購入するか、日本から乗り継ぎ地までの航空券とさらに最終目的地であるベルンまでの航空券を購入する必要があります。乗り継ぎ経由地としてはミュンヘン・ミラノ・ウィーンが代表的です。

日本〜チューリヒまでのアクセス方法

日本からチューリヒの空港までは直行便があります。 成田からスイスインターナショナルエアラインズ航空の直行便が運航しています。 所要時間は、直行便で約12~13時間となります。

Copyright© ADVENTURE inc.